萬世特攻平和祈念館
(南さつま市)

島津日新公[いろは歌]・東シナ海をバックに夕陽に浮かぶ「サンセットブリッジ」、全長47qの砂丘が広がる壮大な「吹上浜」。かつてこの地に「陸軍萬世飛行場」があった。
写真・文章は白梅さんからの提供です


昭和17年 陸軍大刀洗飛行学校(福岡県)の分校構想
昭和18年 アッツ島玉砕 戦況悪化7月…地元民、学生らによる勤労奉仕隊ら官民一体の飛行場建設着工
昭和19年 官民一体による突貫工事で年末にほぼ竣工
昭和20年 知覧より燃料移送
3月18日 空襲により通信隊員1名戦死
3月26日 飛行第66戦隊(急降下爆撃)配置
3月28日 第1回攻撃開始
3月29日 萬世飛行場空襲、兵舎大破
4月1日 米軍の沖縄上陸
4月2日 特攻振武隊配置
4月6日 菊水1号作戦開始、萬世より第62振武隊(白梅隊)出撃
4月9日 飛行第55戦隊(前線援護)配置、以降終戦までに第63振武隊、第64振武隊、第66振武隊、第72振武隊、第73振武隊、第74振武隊、第75振武隊、第102振武隊、第104振武隊、第141振武隊、第144振武隊、第432振武隊、第433振武隊、飛行第66戦隊、飛行第55戦隊、海軍機が出撃。
わずか4ヶ月で200人が沖縄へ出撃した。


住 所 南さつま市加世田高橋1955-3
(0993)52-3979
入場料 不明
駐車場 不明
開館時間 9:00〜17:00
休業日 12/31〜1/1
H P 無し

現在も現存する営門が飛行場跡の面影を偲ばせている。

反対側の営門。

戦没者・殉職者の慰霊碑
昭和47年、元隊員、遺族、地元の有志等により建立された。

営門から灯籠の並ぶ道を進むと、慰霊碑と「萬世特攻平和祈念館」が見えてくる。
記念館の外観は複葉練習機「赤とんぼ」を模し、屋根には手を合わせ平和を祈る合掌の形となっている。


平成4年吹上浜で零式水上偵察機が引き上げられたのを機に平成5年に建造された。

1階では吹上浜から引き上げられた零式水上偵察機の他、99式襲撃機の模型、「遺(のこす)」と題した映像資料などが見られる。


2階は「散りゆく若き命・われ南の空へ…」と題して、遺書や血書、遺品、写真、手紙などが展示されている。

展示されているのは日本で唯一現存している零式水上偵察機(零式3座)。
玄海航空基地から偵察飛行中、米軍機と遭遇。空中戦の末、吹上浜沖に不時着、隊員3名は吹上浜まで泳ぎ着き無事であった。
後に隊員の一人は60年の歳月を経て、この記念館に展示された愛機と再会を果たした。

引き上げられた機銃。
上…12.7mm機銃
下…7.7mm機銃

零式水上偵察機。
愛知航空機が開発した3人乗りの水上機。

萬世飛行場滑走路跡。
手前から奥の吹上浜に向かって離陸していた。
現在、写真の奥は「吹上浜海浜公園」になっており、アスレチック、キャンプ場が整備されている。夏場には多くの家族連れや若者で賑わうスポットである。

プロペラのモニュメント。

よろずよに慰霊碑。
特攻隊の慰霊顕彰を目的に建碑され、旧町名「萬世」をも意味する「よろずよに」と刻名されてる。


「よろずよに語り継がん」

「天地何不仁」碑。

[第72振武隊]
昭和20年5月27日…萬世より出撃


当初は知覧飛行場より出撃と思われていた。隊員のほとんどが10代という事もあり全国に知れわたった1枚の写真。
後に家族に宛てた手紙などにより萬世飛行場より出撃と判明。


写真は、出撃予定…昭和20年5月26日午後4時の2時間前に撮影。
しかし悪天候により出撃は1日延び翌5月27日午前5時に萬世飛行場より沖縄に向け出撃。


前列左から、早川 勉伍長、荒木 幸雄伍長、千田 孝正伍長
後列左から、高橋 要伍長、高橋 峯好伍長

−画像について−
館内は撮影禁止となっておりますが今回、撮影申請書、HP掲載申請書を提出致しまして同館の許可を得て撮影、掲載したものです。「戦争遺跡」・「九州慰霊碑奉賛会」・「九州遺跡保存会」の許可なく転載、流用は禁止します。


製作「戦争遺跡」・「九州慰霊碑奉賛会」・「九州遺跡保存会」/白梅さん

戦争遺跡トップ
観光トップ