筆皇公式ツアーX 草津編 その1 

今回で5回目を迎える朱印倶楽部『筆皇』の公式宿泊ツアー。今回は「癒し」をテーマとし、一日目は温泉、二日目は朱印&城というスケジュールで行われた。参加予定の5・49号は仕事の為欠席、クモハ42号が初参加となった。
ちなみに1〜4回の公式ツアー目的地は以下の通り。
@富士五湖〜青木ケ原樹海&富士急ハイランド貸別荘ツアー
A廃鉱肝試し&カニ食いツアー
B福岡朱印ツアー
Cラフティング&元善光寺&善光寺&ディスクゴルフツアー

開会式での筆皇あいさつ。2,3号の厳粛な表情に比べるとこの時点では御気楽なクモハ42号。そうこの時点では…。



SAエリアでの車中泊を行い、一気に群馬県へ。さすがに軽井沢を越えると道路にも冠雪がみられた。


下の写真はレンタカーのシフトボタンを意味もなく押す筆皇。ビームライフルの引き金らしい。


筆皇はエースパイロットらしく時速30Kmと長大な車間距離を誇る。



秘湯へ行く為に車から降り、耐寒装備になったメンバー。1月の4号撤退を糧としかなりの重装備。残念な事にこの日は3月上旬としても暖かい日で歩いていると汗ばむほどだった。


上の写真:
左から3号・クモハ42号・筆皇・そして寄り添う2号。


下の写真:
左からクモハ42号・撮影で出番が少ない4号・そして寄り添う2号。

秘湯への行進。昨日元気だったクモハ42号はこの頃から口数が減ってくる。積雪は足首〜すねくらい。

ついに秘湯到着。先客もいていろいろな口コミ情報を手に入れる事ができた。
夏になると女性客も結構多いらしい。水着不可、バスタオル可。



場所を移して四万温泉の無料露天風呂。高温〜超ぬる湯まで数種類の湯船がある。秘湯で会ったおじさんから聞いた常連さんが入っていて、また口コミ情報入手。
月に一度ほどロシア人が集団で入ってくるらしい。旅館から丸見えの場所にあるので夜でないと女性は入りにくいかも…。

筆皇とゆかいな仲間達はここで「なごり雪」を熱唱、4号は常連客から「卒業旅行?」と聞かれた。


更衣室は男女別にあり。

更に尻焼温泉に向かう最中にある、暮坂峠で記念撮影。筆皇と3号がカメラ方向を向かないのはいつもの事…。
クモハ42号と2号の様子から分かるようにかなり寒い。

道中でのショット。2号は免許が無い為、会計係+運転手話しかけ係。当然寝ることができない為、ある意味運転手よりもきついと思われる。


後ろはクモハ42号。

尻焼温泉で撮影。入浴シーンも撮影したかったが、10人近い女性軍団(水着)がいたため撮影できず。根性無し…。
クモハ42号は女性軍団の記念撮影のバックに入り込みお尻を突き出していた。


ちなみに皆、上を見てるが何があるというわけではない。

筆皇メニュー次頁
///